キッチン、トイレ、バスルームなどの水回り工事、リフォーム、防犯フィルムのことなら株式会社ワークフロンティア
株式会社ワークフロンティア TOP 会社案内 お見積・お問い合せ
03-5339-2341
不動産会社・管理会社様へ
Navigation Botton
業務案内
水まわり工事
壁紙リフォーム
料金の目安
FAQ
不動産会社・管理会社様へ
会社の取組み
会社案内
お見積・お問い合せ

Company Outline
株式会社ワークフロンティア

[本社]
〒160-0023
東京都新宿区西新宿6-26-9
宝栄成子坂ビル601
TEL:03-5339-2341
FAX:03-5339-2342

[葛西営業所]
〒134-0085
東京都江戸川区南葛西6-6-7
松本ビル106号
TEL:03-6411-1440
FAX:03-6411-1445

[千葉営業所]
〒276-0042
千葉県八千代市ゆりのき台8-9-4 スプリングヒルズ1F
TEL:047-480-6201
FAX:047-480-6202

[船橋作業所]
〒274-0824
千葉県船橋市前原東5-15-13
ウエルズ21 PART3 C号
TEL:047-405-2186 
FAX:047-405-2136
空室マネジメント
当社は、これまで大規模な工事から部分的な工事、建物の種類など、多数の工事をしてまいりました。その実績から、オーナー様が抱えるお悩み・ニーズをお聞きし、最適な提案をすることが可能です。

また、「空室が多くなってきたので、リフォームして入居者を増やしたい」などのご要望に対しても、お客様やライフスタイルに合わせた空室マネジメントを行います。

空室が多くてお困りのオーナー様、是非ご相談下さい。協力して問題解決にあたります。

場合によっては、空室のリフォームにかかる費用を当社でご負担させて頂き、マネジメントを行う事も可能です。

まずはお気軽にご相談下さい。

原状回復工事・立会い代行
当社では、賃貸オーナー様や不動産管理業者に代わり、賃貸物件の解約立会い、解約清算書作成、原状回復工事まで賃貸物件の解約にかかわる全ての業務を代行します。
当社は原状回復を行っていますので、解約精算のお手伝いだけではなく、解約後のリフォームも一括して行わせていただいています。
クロス・CFの張替えや大工工事はもちろん、設備工事や塗装工事など、ニーズに合わせて幅広い工事ラインナップと多様なプランを提供します。

立会い代行のメリット
退去立会い時に、即時お見積りの調整が可能。
退去立会いから工事完了までの期間が短縮される。
原状回復以外の箇所を同時に工事依頼して、入居率アップと工事コスト削減が可能。

退去立会のプロフェッショナル
当社は、毎年数多くの退去立会を代行しております。
そこで得たノウハウ・経験により入居者に対して説得力のある、そして、分かりやすい説明を行っております。
こうしたことにより、補修方法・費用負担などで入居者とのトラブルを未然に防ぐことが可能となります。

人材の有効活用
  退去後の業務に時間を取られていませんか?
これらの業務を弊社にアウトソーシングすることで、収益性の高い新規管理物件受注などの業務に時間をまわすことが可能となります。

工期短縮による賃料収入の増加
  退去してから次の入居が早ければ早いほど賃料収入が増加するのは、当然のこと。
退去立会代行の場合は、退去立会時にリフォーム代の見積、入居者の承諾を得ますのですぐに工事に着工することが可能となり、工期の短縮が実現します。

中立の立場により入居者の防衛意識を拭い去る
  通常の管理会社と入居者同士の話し合いでは、どうしても管理会社が優位な条件で話を進めようとしているのではないかと入居者側に防衛意識が生じ、スムーズに費用負担などの合意を得られない場合が多々ありませんか?
そこで、中立かつ公平な立場の弊社が間に入ることで、入居者の防衛意識が消え、合意が得やすくなります

 

敷金清算サポート
空室が多くてお困りのオーナー様、是非ご相談下さい。協力して問題解決にあたります。

賃貸物件に住んでいた場合、退去時に原状回復工事代金を入居者が支払うのか、その物件のオーナーが支払うのか、よくもめるところでもあります。
管理会社によっても違いますが、大手管理会社では5〜7年で、室内の汚れを経年変化と認めているようです。

入居後毎年原状回復工事にかかる入居者の費用負担の割合は減り続け、5〜7年後10〜0%にまで下がります。しかし、タバコによるヤニの汚れ、あるいは壁に穴を開けたりと、入居者側の事情で室内の装備を壊した場合、この限りではありません。

原状回復工事は、それぞれケース毎に、その物件毎に負担割合が違ってきます。なぜそのようなことがおこるのか。
「通常の使用」の一般的定義が非常に困難なため、損耗等の明確なガイドラインがないからです。その結果、管理会社主導の清算となることが多く、慣れていない入居者からの言い分が通らない場合も少なくないでしょう。
また、早く次の入居者を決めるために、少々不満があっても管理会社のすすめに納得してしまうオーナーの方も見受けられます。

当社では、10,000件以上の原状回復工事を施工してきた実績を基に、入居者の方、オーナーの方へ適切な精算方法をアドバイスしております。お気軽にご相談ください。
oage top
Copyright(c) Work Frontier Co.,Ltd.  All right reserved.